アドセンス・youtube・amazonで成功する秘訣をメルマガにて大暴露中!





~~本文ここから~~


 

 

ゆうメールの紛失多くないですか?

こちらはしっかり発送しても
不達の場合が良くあります。

 

ゆうメールで局員に問い合わせても
追跡番号がないので無駄ですし。。。

ただ一つ言えることは
そういう契約だから仕方ないね!!

 

どうも、チュウです。

 

購入者メッセージから「いまだ不達です」
というメッセージ来ませんか?

そんなに頻度は多くないですが。

今回はそんな話。

 

ゆうメールの不達問題について

冒頭にも言いましたが
「仕事なんだからしっかり管理しやがれ、郵便局員!」
とぶっちゃけ思いますが
まあ契約時に保証はないという契約ですから
なんともいえませんね。

後納契約時にも
紛失の可能性は聞いていますし。

 

ただ、
「紛失はないとは思いますが…。」
と、営業担当の方が言っていたのは内緒の話。

 

secret

 

結局ゴネても仕方ないですし、
それだったらゆうパケットにしやがれ!って話ですし。

 

ゆうメールで発送するということは
商品自体そんな高価なものではないはずですし
正直紛失されても金額的には全然痛くありません。

ただ…。

 

紛失による低評価

これ一番怖いですよね^^;

 

ショップの評価を見ると
「まだ届いていません 評価1」

みたいなことが結構あります。

 

僕も昔は、
「しっかり発送しなさいよ。」

とか思ってたんですけど
これって郵便局の紛失のせいかもしれませんね。

 

もちろん購入者は届いていなければ
メッセージを送ってきます。

 

そこで確かに発送したことを伝えて、
紛失の可能性を伝えても
問答無用でショップに低評価を付けてきます。

 

説明欄に追跡無し、紛失の可能性ありと明記していても。。。

じゃあ、プライムから購入してくれって思うんですけどね。

amazonに低評価の削除を要請しても
自己発送じゃ絶対に無理ですね。

 

僕の場合、
「良い取引でした 評価1」

ですら消してもらえませんでしたから。

 

じゃあこの人何なら「5」になんのって話なんですけどね。

 

せめてもの防衛策として
Amazonがブラックリスト作ってくれたらいいんですけどね。

この人とは2度と取引しない。みたいな。

だって真剣にやっていて
「良い取引でした 評価1」って
こちらとしては大激怒ですよ。

 

わかりますこの気持ち?

 

カム着火インフェルノーォォォオオウ では僕の怒りは表現できないってこと。
つまり、おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム。

angry

 

 

その他にも。。。

1億歩譲ってゆうメールの紛失は良しとしましょう。
紛失ってよく考えたら契約以前に人としてどうなんだろうってレベルなのですが。。。
まぁいいでしょう。

「宛名不完全で配達できません」

これ。

 

「宛名不完全で配達できません」はガチギレ

これガチギレするやつです。俺が。

 

今まで通算3回ありました。

「宛名不完全で配達できません」ってやつ。

 

「あーあ、クレーム来るかなぁ・・・。連絡しなくちゃ!」

「僕ですケド、この住所でお間違いないでしょうか?」

 

客「合ってます。」

 

再度発送。

 

客「本日届きました。」

 

じゃああれはなんやねん!

 

今まで「宛名不完全で配達できません」で返送されてきたやつ
全部住所あってまっせ!

これ怠慢でしょ。確実に。

ほんで、こっちが送料負担だしね!

まあ、でもバイトに言ってもしゃーないか。。。

 

できる限りの対策は?

ない。

 

強いて言うなら
ゆうパケットを使うこと。

 

誰か対策あったら教えてー。

 

結局郵便局にはゆうメールを契約させてもらってる立場で
少なくとも僕は
「しっかり配達しろコノヤロー」

LIG86_tukamiaubiz_TP_V
とは言えないチキンです。

 

 

まぁ商売として商品が届かないことは
いかがなものかとは思いますが
めげずにバンバン売っていくことが
自分の中では重要だと思っているので
いちいち目くじら立てずに皆さん頑張りましょう!

 

としか言えない僕を「許してにゃん。」

 

なぜ僕は色々なネットビジネスで結果を出すことができるのか?恐ろしく簡単な理論をメルマガにて大暴露

The following two tabs change content below.
チュウ

チュウ

リスクヘッジのため、ブログ・サイトアフィリ・せどり・メルマガ等の様々なネットビジネスを実践、そして収益化に成功し家族を養う。2児のパパ。★詳しいプロフィールはこちら★質問はお問い合わせからお気軽にどうぞ★ 【無料メルマガ講座はコチラ