※最終更新日 2017/09/12

makadorebyu-

 

僕は価格改定ツールに関しては今までプライスターをおすすめしていましたが、この度無事マカドに乗り換えましたしばらくマカドを使ってみてプライスターと比較したらどんな違いがあったのかマカドのレビューをしながら解説します。豪華特典もありますのでお見逃しなく!

プライスターからの乗り換えが超簡単

makadorebyu1-

僕は以前から仲間の情報で「マカドはすごくいいツールだから乗り換えた方がいいよ!」と言われ続けてきましたが、プライスターをずっと使ってきたため、今更ツールを変えるなんてすごく面倒くさいなと思っていました。

でも実際は乗り換えはそんなに難しいことではなく、簡単に言えばクリックとコピペで数分で終わりました。

しかも難しい用語などは使われていないので迷うことなくすぐ完了です笑

マカドに変えたら仕入れ値などの引き継ぎ・入力は?

ツールを乗り換えた際に一番困ることは、例えばプライスターで出品登録した場合に利益率の計算等で仕入れた商品の仕入れ値を入力しますよね。

マカドに乗り換えれば当然仕入れ値は0になっています。なので乗り換えの際にはここを改めて入力しなければなりません。

ここが少々面倒くさいですが、エクセルを扱えるのであれば簡単に仕入れ値を入力することができます。

エクセルが扱えなければ諦めて手作業で入力していきましょう笑

チュウチュウ

ちなみに、すでに出品されている商品やコメント数量はマカドに引き継がれるので改めて入力するのは仕入れ値のみです。

乗り換え時の障壁はほぼ無い

人間誰しもそうですが、今まで使ってきているものから乗り換えるときは非常にめんどくさく感じます。

ですがやってみたら驚くほど簡単でした。

プライスターからマカドへ乗り換えたいと思っているけどめんどくさそうと思っている人に言いたいのですがそんなこと無いですよ!日本語が読めればすぐに完了します♪

納品が簡単

makadorebyu2

 

こちらに関してはプライスターと同じような感覚で出品ができます。

出品方法に関してはプライスターとマカドを比較してみても両方簡単に出品できるので甲乙つけがたいのですが、基本的にはやり方は同じです。

 

makadorebyu3

 

チュウチュウ

若干マカドの方が工程が少ないかなとーいう感じですね。

そういう点ではマカドの方が簡単かもしれません。

納品時にFBAラベルのサイズを自由に選択することができる

FBA のラベルを印刷する際にパソコン側の設定がうまくいってなければ、ラベルに印刷した際に、バーコードや商品名がはみ出てしまって困ったことはありませんか?

マカドはお使いのラベルのサイズに合わせて選択することができるので、ラベルからはみ出た印刷をすることがなくなります。

 

makadorebyu4

 

プライスターはラベル印刷機能しかなかったので、パソコンの設定次第で少々はみ出たりしてしまうこともありましたが、それもマカド内で解決できます。

マカドはパソコン音痴な方にもおすすめなのです。むしろパソコン音痴ならプライスターではなくマカドを使った方が良いかもしれません(笑)

価格改定の値下げ幅も細かく一括調整できる

makadorebyu5-1

 

※JPYというのは円というのことです。

値下げの幅もライバルより1円低くやライバルより10円低くなど自分好みの金額で調整することができます。

もちろん以前プライスターで出品していた商品にもこの調整を一括で適用することができるので非常に簡単です。

値下げ額だけでなく値下げ率も調整できるので安心

makadorebyu6

プライスターは赤字ストッパーと言って指定の額まで値下がりしたらそこで価格の値下げはストップします。

もちろんマカドにもその機能がありますが、それとは別に値下げ率ストップ的なものがあります。

それはマカドでは値下げリミッター機能と呼びます。

この機能と赤字ストッパーと何が違うのかというと、こんな感じです。

現在価格が500円だとして下限設定を300円に設定した場合はライバルが200円まで下げた時は300円まで下がります。

価格リミッターは現在500円だとしてリミッターを300円にセットしていた時はライバルが200円に下げた場合スキップいたしますので500円のままです。

つまり、ライバルが同商品を出品してきた際にあなたが設定している値段の下限まで一気に下がってしまいます。

その時にあなたの商品もつられて下限まで値下がりしてしまったが故に、誰かに購入されてしまうかもしれません。

ライバルはその商品をその値段で売れれば良いという設定なのですが、あなたが設定している下限は、最悪の事態を想定した設定ですよね。

できれば利益を上げて売りたいという気持ちはあると思います。

ここで値下げ幅のリミッターを設定しておけば、例えば20%で設定していた場合にライバルがあなたの商品より21%以上を価格を安く出品したら、その際の価格改定は無視されるのであなたの値段はそのままです。

大幅な価格の下落を無視してくれるのでライバルが最安で売れたら、またあなたが適正値段でカート再取得できるということです。

在庫の金額もわかる!

makadorebyu7

画像では黒塗りになっていますが、実際はあなたが仕入れた商品の在庫の合計金額がわかります。

キャッシュフローが悪い人はここを見れば在庫額がわかりますので、資金面で困ることが少なくなるかと思います。

 

チュウチュウ

せどりをやっている人は意外と商品の回転や資金の回転をおろそかにしている人が多い気がします。

これであなたの在庫額がわかるのでクレジットの引き落とし額と在庫金額を計算しやすくなります。

 

ですが在庫金額の確認はプライスターでも最近できるようになりました。

ですがマカドの方がより細かく在庫金額を知ることができます。

マカドはFBAの在庫金額と自己発送の在庫金額を別々に確認できる

makadorebyu8

※上記のはプライスターの全在庫価格と数量です。表示されるものはFBA在庫と自己発送在庫の合計額しか表示されません。

 

つまりプライスターと比較してマカドの方がより細かく在庫金額を把握することができます。

プライスターは在庫金額というひとくくりで確認することができますが、マカドに関しては FBA の在庫金額と自己発送の在庫金額を別々に表示してくれるので、よりキャッシュフローを明確にすることができます。

これは結構ありがたいですよね。

価格改定が速い

dcd

僕がマカドに変えたいと思っていた一番の理由は、価格改定が早いとの理由からです。

知人に「マカドは価格改定が速いよ!

と言われ続けてきていましたが、どうしても重い腰が持ち上がらず、ずっとプライスターのままでした。

どうせ価格改定ツールなら何使っても一緒でしょ?!的な感じだったので。笑

で、使ってみて一番重要な価格改定の速さはどうだったかというとこんな感じです。

チュウチュウ

変えてよかった~!!!

 

カート取得率が劇的に増加しましたね笑

 

マカドは価格改定の時間間隔をお好みに調整できます。こんな感じに。

makadorebyu9

チュウチュウ

僕は最短の5分間隔で設定しています(笑)

価格改定の時間指定もできる

makadorebyu10

この機能に関しては僕はマカドを契約してから知りましたが、これは便利ですね!

価格改定の時間指定ができることによってさらにメリットが増えます。

価格改定の時間指定によるメリット2つ

価格改定の時間を指定をすることによって以下のメリットが得られます。

 

  1. 無駄な価格競争の抑制
  2. ライバルの刈り取り防止

 

これらについて説明していきます。

無駄な価格競争の抑制

商品は時間帯によって購入率は変わってきます。

平日の昼間は売り上げが悪いですし、金曜日の夜はみんな飲みに行ったり遊びに行っている人が多いので売り上げも落ちてきます。

その中でも特に一番売り上げが悪い時間帯は明け方ですね。この時間はほとんどの人がまだ寝てます。

チュウチュウ

この売れ無い時間帯にツール同士で価格競争を起こしてしまったら、ただ単に利益が減るだけ無駄な価格競争になってしまいます。

ということはこの時間に価格改定(値下げ競争)をしても意味が無いですよね?

価格改定をしない時間帯を売れ無い時間に設定しておけば、その分だけ価格競争の抑制になります。

これにより利益維持が見込める可能性があります。

ライバルの刈り取り防止

刈り取りという手法をご存知ですか?

刈り取りというのはその商品の適正販売価格が5000円であった場合、例えば誰かが2000円以下でその商品を販売し始めたら、その商品を出品者が購入(仕入れ)し、再度自分のアカウントで5000円で販売するという手法です。

刈り取りという手法は僕もすごく使っているノウハウですが、アマゾンで、あることをすると刈り取りが非常にしやすくなってしまう場合があります。

それはツールによる自動価格改定を悪用した方法です。

ライバルと自分がお互いにツールで最安値に合わせてきている場合、値下げ幅の限界を設定しておかなければ、どこまででも追従して値段を下げてしまいます。

このシステムを悪用して、購入者やあなたが寝ている時間帯に出品者がわざと大幅に価格を下げ、この大幅に下落した価格を追従させ、価格が下がりきったところで刈り取る(仕入れる)という手法です。

wanこれは先程も言ったように購入者が寝ている深夜の時間帯にやることが多いです。

理由はわかるかと思いますが、これは自分も値段を下げなければできない手法ですので、下げている途中にお客さんに自分の消費も買われてしまうリスクがあるからです。

価格改定の時間帯をあらかじめ設定しておけば、もしかして値下げ幅の下限を設定していない場合に、この手法の悪用による刈り取りを防止することができます。

マカドに変えてみて一番良かったこととは!?

プライスターからマカドに変更して一番よかったことはもちろん価格改定の速さです。

マカドは自分で価格改定の速度を変更できます。

 

最速設定にすれば5分で、価格改定を行うことができるのでライバルの値下げ後にいち早く対応できるのでカートをぶんどることができます。

マカドはこの速度が一番の目玉では無いでしょうか。

では僕がマカドに変更してどれくらい売り上げが変わったのかご紹介します。

マカドの高速価格改定でどれくらい売り上げが変わったか?

IMG_0370

上記のAmazonセラーアプリの画像を見れば一目瞭然ですが、売上が爆発的に伸びています。

これもライバルの価格改定に即座に追随してアマゾンのカート取得率が上昇し、ライバルからカートをブン取ることができたからです。

これにより資金の回転が数段上昇し、目に見えて資金が増えていくことでしょう(笑)

 

  • 左側の回転が遅い、つまりライバルにカートをいつも取られていて売り上げに伸び悩んでいる方がプライスター。
  • 右側の急激に伸びているグラフ、つまりライバルからカートを独占して売りまくっている方がマカド。

 

変えた結果が一目瞭然です(笑)

 

これは皆さんもスマホにインストールしてあるかもしれませんがAmazonのセラーアプリの画像です。

これだけ急激に売れ始めると、いつもいつもAmazonセラーアプリを見てしまいます笑

そんな時間があったらもっと仕入れしろという話ですね。笑

これだけ売れ続けるとキャッシュフローが目に見えて良くなってきます!

物販はキャッシュフローが命です。せどりを続けているけどなかなかお金が増え無いという人は、キャッシュフローがかなり悪い人が多いです。

マカドを導入すればそういった点も改善してくれますよ。

僕の場合マカドを導入して、キャッシュフローが良くなりましたので。

マカドに変更してこれだけ増加!

  • 過去30日間で92%増
  • 昨年と比べて84%増
チュウチュウ

今まで売れ行きの悪かった在庫が急にカートを取得し始め、そして今までくすぶっていた新しい試みがマカドに変更してみて爆発した感じですね。

マカドを導入するならこのジャンル

11

マカドを導入するならもちろんこのジャンルをやっておいた方が良いですね。

マカドとこのジャンルは切っても切り離せ無いジャンルだと思っています。

 

僕もマカドを導入したことによってこの、とあるジャンルをメインにしちゃおうかと思っています。

これさえ覚えておけば、今後あらゆる規制が入っても全く問題無いかなと思っています。特に今は出品規制などアマゾンはどんどん厳しくなっていっています。

早め早めの対策で息の長いビジネスをいけなければなりませんので。

 

このジャンルなら価格競争が起きて赤字になろうとも、無理やり黒字に転換させる裏技がありますので(笑)

僕からマカドを契約してくれた人への特別特典

僕からマカドを契約した人に対して以下の3つの特典をお渡しいたします。

もちろん上記で説明したとあるジャンルもご紹介します。

  1. どこでも仕入れ!新品ALLジャンルせどりマニュアル
  2. 中古せどり完全版
  3. 先程説明したマカドと相性抜群のあのジャンルとは?

では特典の内容を詳しく解説していきます。

 

1.どこでも仕入れ!新品ALLジャンルせどりマニュアル

  • 0円仕入れで利益ザクザク!資金作りのコツ
  • 0円仕入れで利益ザクザク!資金作りのコツその2
  • 資金作りのコツ番外編
  • ほとんどのせどらーが使わないもの!ヤフオクで超お得に仕入れる方法
  • 要期限管理商品を簡単に確認する方法
  • コンビニに行くでしょ?ついでにあれも仕入れましょう!
  • ホームセンター仕入れノウハウ
  • ワゴン以外でホームセンターで一番仕入れられるコーナーとは
  • 電脳でDVDをいとも簡単にリサーチ・仕入れる方法
  • 簡単!トレンドせどりで稼ぐ方法
  • トレンドに乗ることが出できる魔法のキーワード
  • 古本せどりやりましょう!一冊の利益10000円ですから!
  • 値下げがえぐいおすすめネットショップとは!?
  • 店頭でほぼ確実に投げ売りされている商品
  • 旅行中にいとも簡単に稼ぐ!せどりというよりもただの回収
  • 休憩しながら激売れ商品をせどれる場所とは!?
  • 店舗ではゴミ!でもAmazonでは超高値!お宝の山がある場所とは?
  • せどらーに枯らされた後でも確実に仕入れる方法
  • ライバルがいない圧倒的高利益のジャンルとは?
  • 利益が出ないあのフィギュアを仕入れてガンガン売る方法

 

2.中古せどり完全版

  • 講義1 当サイトの目的
  • 講義2 せどりの飽和について
  • 講義3 最速10万達成のために狙うべきジャンル
  • 講義4 せどりに必要なスペック
  • 講義5 amazonアカウント開設はこちら
  • 講義6 ○○で低評価リスク軽減
  • 講義7 低評価における考え方
  • 講義8 一番安い実際の仕入れ店
  • 講義9 仕入れられない?せどりとは時給の良い肉体労働である
  • 講義10 仕入れ店舗で前頭検査の重要性!○○はアウト!?
  • 講義11 出品の際のクレームの来ない、売れる商品説明
  • 補足 せどり中級者になるために
  • 講義12 月収20万円達成のために取り組むべきジャンル
  • 講義13 サクッと高利をとるには?狙うべき棚と明確な理由
  • 講義14 返品多し!返品対応はAmazonに任せよう
  • 講義15 FBAの利点
  • 講義16 最安値販売は低評価がつく可能性大
  • 講義17 最安値以外で売るために品質を上げる
  • 講義18 最安値せどらーの必要性
  • 講義19 回転の遅いCD・DVDの回転率を上げる方法
  • 仕入れノウハウ1 100%仕入れができる方法
  • 仕入れノウハウ1 補足 「可」の商品の割合について
  • 仕入れノウハウ2 仕入れノウハウで実際に売れた商品の公開
  • 補習1 在庫の考え方 売れない、もうダメか?
  • 補習2 amazonアカウントの強化についての考え方
  • 補習3 【アカウント強化法】
  • 補習4 自宅でも簡単!ごちゃごちゃにならない在庫の管理方法
  • 補習5 本とゲームの検品について!気を付けることまとめ
  • 補習6 アカン・・・在庫切れや!緊急事態はこれで乗り切れ
  • 発送について
  • 自己配送編 図解!発送と梱包手順
  • FBA発送編 FBA発送の手順
  • プライスターのSKU有効活用方法
  • 番外編1 せどり必需品!梱包資材やツール

 

3.マカドと相性抜群のあのジャンルとは?

高速の価格改定でを利用してやっておきたいあのジャンルをご紹介します。

通常のせどりとこちらのせどりを組み合わせていくことでキャッシュフローが何倍もよくなります。

せどりを長く続けていてもなかなかお金が貯まっていかないという人は、キャッシュフローがかなり悪い人が多いです。

そんな人のためにとあるジャンルで売りまくって、キャッシュフロー改善計画をお伝えします。

さらに新ジャンルで稼ぐために必要なリサーチ方法や、「とある検索方法」もお伝えしています。

 

2017/09/12に新たな新品商品出品規制が課されました。

それは

  • 刈り取り商品の出品禁止
  • 個人から仕入れたもの出品禁止

つまり、アマゾンから仕入れてアマゾンで新品で売る行為や、ヤフオクやメルカリから仕入れて新品で売る行為が禁止となりました。

 

マカドの特典には、新品規制に左右されない中古せどりのノウハウ初心者でも簡単に参入できるせどりマニュアル今回の規制も全く関係ないせどり手法の

3つを特典として付けています。

 

チュウチュウ

この特典は、飽和などの問題から人数に限りがあります

定員に達し次第、こちらのタイミングで特典を削除します。

 

インフォトップに下記の表示があればまた特典を受けることができます。

マカド購入時に以下の表示を確認してください

tokuten

 

この表記を確認されずに購入された場合はいかなる場合でも、お渡しすることができませんのでご了承ください。

マカドは初月無料なので、次の月から支払いをすることになります。

インフォトップのシステム上、お支払いと同時に特典をお受け取りすることができるようになります。

 

特典付きマカドはこちらから

 

The following two tabs change content below.
チュウ

チュウ

リスクヘッジのため、ブログ・サイトアフィリ・せどり・メルマガ等の様々なネットビジネスを実践、そして収益化に成功し家族を養う。2児のパパ。★詳しいプロフィールはこちら★質問はお問い合わせからお気軽にどうぞ★ 【無料メルマガ講座はコチラ