アドセンス・youtube・amazonで成功する秘訣をメルマガにて大暴露中!





~~本文ここから~~


Amazonで低評価を食らうと結構悲しいですよね。

 

こちらのミスであれば改善していかなければなりませんが
あまりにも理不尽すぎるものだと
「てめぇ~コノヤロー!」
って怒りを半年以上引っ張ります(僕の場合)

 

Amazon理不尽システムの切り込み隊長ともいえる
「評価3」。

 

今回はみんながやってしまっている
「評価3」や悪い評価を得てしまうかもしれない事例を
ここで紹介しておきます。

※あくまで個人的見解です。

 

そんなことねぇよ!って方も
まあこう言ったこともあるんだな程度に
見てもらえると嬉しいです、

 

まずAmazonで悪い評価といえば評価3以下になります。

「普通 3」

「とくになし 3」

このような評価をもらうだけでショップの評価はガタ落ちです。

自分のショップの評価が一番下がってしまう原因

クレームによる評価2や1ではなく
「普通 3」が最も大きな要因を占めています。

(評価3はパーセンテージに加算せんでもええやんか・・・。)

 

ではなぜ普通という評価が入ってしまうのか。

 

それはショップから評価リクエストをしてしまうから
と僕は結論付けました。

 

評価をいっぱいもらうためこちらから
フォローメール、評価リクエストのメールを送りましょう!
みたい情報がありますが
個人的な見解ですが僕は違うと思うんですよね。

 

実際僕も「とくになし 評価3」を受けた時は
こちらから評価リクエストのメールを送っていました。

 

でも購入者って販売者側の苦労は関係なく、
すんなり購入できて当然なんですから
「はいはい、普通でしたよ。」ってなリませんか?

 

それでいて評価リクエストがショップから来たら
「普通 3」っていう華麗なコンボの出来上がりな気がするんですよね…。

 

こうなる原因の一つはAmazonからも
ショップの評価のメールが購入者側に配信されること。

 

アマゾンとこちらからのダブルで評価催促のメールが届いたら
うざくないですか?って思ったんですよね。

 

2通も評価の催促のメールが届けば
そりゃ「はいはい。」感は
強くなって当然ですよね。

 

なので僕は評価の催促メールは一切送っていません。

その結果「とくになし 評価3」をもらうことはなくなりました。

 

ちなみに毎月もらう評価は今のところ50~70個程度です。

で、1年で悪い評価は1つだけです。

 

1年たてば評価は消えるので昔にもらった評価3は消えましたが、
現在評価に影響している悪い評価は「1」のただ1つです。

 

しかも内容は
「良い取引だった 1」
という謎の低評価です。

 

「意味わからんし!Amazonこの評価消してくれや!!」
って連絡しても消してもらえません…。
誰かいい方法教えて・・・。

 

あくまでフォローメールに関しては僕の持論です。

 

が、一応こんな画像を載せておきます。

 

※グロ注意

 

こう言ったこともあるんだということを
知っておくとよいですね!

 

最後に

実際評価3がついてしまうのは運の要素もありますね!

【良かった 3】

 

ってのも普通にあり得ますからね。

 

ぶっちゃけ購入者は悪くないんですよ。
いたって普通の感覚で評価してくれてます。

(さっきの画像のように例外もありますが)

正常に購入できることが「普通」なので。

 

あまり大きい声で言えないのですが悪いのはやっぱり

amazonのシステムでしょうね!!

 

なぜ僕は色々なネットビジネスで結果を出すことができるのか?恐ろしく簡単な理論をメルマガにて大暴露

The following two tabs change content below.
チュウ

チュウ

リスクヘッジのため、ブログ・サイトアフィリ・せどり・メルマガ等の様々なネットビジネスを実践、そして収益化に成功し家族を養う。2児のパパ。★詳しいプロフィールはこちら★質問はお問い合わせからお気軽にどうぞ★ 【無料メルマガ講座はコチラ