アドセンス・youtube・amazonで成功する秘訣をメルマガにて大暴露中!





~~本文ここから~~


こんちは、チュウです^^

 

いつまでたっても国民的アイドルの勢いが止まりませんね!!

もちろんAKB48のことですよ^^

 

CD出すたび出すたび売れに売れて

ミリオンなんていとも簡単に叩きだしてしまうAKBですが、

もちろん売れているのも

マーケティング戦略あってのことですね^^

 

通称AKB商法なんて言われているものですが

なぜそんなにも売れるのかと言いますと

ご存知のとおり

【握手券】

の存在が大多数を占めていますよね。

 

他にはもはや国民的行事の一つになってしまった

【総選挙の投票券】

など、

その他、生写真などの特典が付属しているからです。

 

これだけ売れるということは

消費者がAKBと言う存在に【価値】を見出して

購入しているので、まあ良いかとなってしまうわけですが、

明らかに関係者はCDの購入を誘導しすぎでしょう^^;

 

秋元先生はカジノで山積みにされたコインを

一度にごっそりと賭けるくらい

儲かってるらしいですからね^^;

 

確かにこれだけAKBが売れてしまったら

こういったマーケティング戦略を

とっていくのが普通かとは思いますが、

正直もの手法はAKBのブームが去ってしまったら

絶対に使えない手法です。

 

この手法はいわゆる

<トレンド>

で成り立っているわけです。

 

トレンドと言うものは常に移り変わりがありますから

一生この商売続くとは限りません。

てか、この商売の終わりはいずれ必ずやってきます。

 

昔いたじゃないですか、おニャン子クラブ。

あれだけ一世風靡したアイドルですら、

現在は衰退してしまって、

現在の生き残り方法として取っているのが

【暴露商法】じゃないですか^^;

 

トレンドとは必ず終わってしまうものです。

いつまでも衰えそうにない

AKB人気だって下火になる日が来るんです。

 

トレンドと言えばトレンドアフィリエイトが浮かんできますが

これも同じですよね。

 

トレンドアフィリエイトは爆発的アクセスを集めて利益を出しますが、

手を止めてしまうとすぐにアクセスは来なくなってしまうので

作業をやめるわけにはいきませんよね。

 

だからいつかはAKB商法もなくなってしまうのですが、

なくなってしまうということは、

このAKB商法はビジネスの本質的な部分ではありません。

本質と言うのはいつの時代もなくならないのです。

 

爆発的に売れることはありませんが

【いつの時代だって売れる】

これこそがビジネスの本質だとは思いませんか?

 

日本で言ったら

ミスチル、サザン、ラルク

彼らのような音楽じゃないですか。

 

ミスチルだったらミスチルの世界観が歌詞だったり

演奏だったり。

サザンも同様ですよね^^

 

ラルクだってそうです。

 

少しラルクの話になってしまいますが、

昔彼らは出せばミリオンの時代がありました。

 

ドラムのSAKURAが抜けたあたりから世間的に認知され始めました。

(すでに人気はありましたが、

ロックを聞かない人まで広まったという意味です)

 

曲で言ったら<虹>くらいからですね^^

 

もうそこからバンバン売れに売れて

シングル三枚同時発売までやってのけて

一気に富と名声を手に入れたラルクですが、

ここで、表しか見ていない

【にわかファン】

が増えたのも事実です。

 

それまでキャッチーだった曲調を

少し変えるだけで痛烈に批判するものも出てきました。

もちろん批判していたのはにわかファンです。

 

昔はよかった!なんつってね。

 

でもラルクは自分たちの個性や技術、スタイルを求め続け、

<自分たちの音楽>を作り出し

それが価値となって

今なお第一線で日本のロックシーンを支えている存在になっているわけです。

 

これってすごくないですか?

日本のミュージックシーンをけん引する

ラルクとAKBですが、

はっきり言って真逆の存在ですよね。

 

当時のバカ売れした曲を、

つまり、にわかファンばかりを集めるような

受け入れられやすい曲を量産し続けていたら

きっと飽きられていたでしょう。

 

つまり、

自分たちのファンになってくれる人を

手当たり次第に大きな網でガッと捕獲するのではなく、

自分の個性と言うエサをぶら下げて食いついてくれた人たちを

捕獲する作戦に変えていったわけです。

 

当たり前ですが、

自分の個性を肯定してくれる人ばかりを集めたら

その人が変化する事でさえ肯定されるわけですから

当たり前ですがコアなファンが集まってくるわけです。

 

それをコツコツ続けた後、

大きな幹となってラルクは倒れようのない大木になったのです。

 

あの時、にわかファンの好む

キャッチーで世間が求める曲を書き続けてたとしたら

今のラルクはありえません。

 

それこそただのトレンドでしかなくなっていたでしょう。

AKBと同じです。

 

その後「あの人は今」

と言う番組に出ていたでしょう(笑)

 

(tetsuyaが作る曲はキャッチーなものが多いですが、

それを批判しているわけではなく、

あくまでも求められるもの(にわかファン)に媚びて曲を書いていた場合の話です。

僕はtetsuyaの曲好きですよ!)

 

ビジネスも手当たり次第の集客する時代は終わりです。

関わりたくないお客さんに関わることですら

コストでしかありません。

 

それより、

集客数が少なかったとしても自分の個性をだして

<自分>を肯定してくれる人を集めたほうが

効率の良いビジネスができます。

 

つまりビジネスの本質は

【リピーター】

で成り立っているということを

理解しましょう。

 

この先ネットビジネスをやっていくのであれば

にわかファンのような新規顧客を集め続けるビジネスは

非常に効率が悪いということを理解してください。

なぜ僕は色々なネットビジネスで結果を出すことができるのか?恐ろしく簡単な理論をメルマガにて大暴露

The following two tabs change content below.
チュウ

チュウ

リスクヘッジのため、ブログ・サイトアフィリ・せどり・メルマガ等の様々なネットビジネスを実践、そして収益化に成功し家族を養う。2児のパパ。★詳しいプロフィールはこちら★質問はお問い合わせからお気軽にどうぞ★ 【無料メルマガ講座はコチラ